読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ベガルタサポのtoto日記

ベガルタ仙台サポーターが、ブックメーカーやtotoに挑戦!

0-1 敗北 日本代表VSイングランド代表 トゥーロン国際大会

後半は、イングランドも点を取る必要がないため、あまり攻撃に人数をかけてきませんでした。そのため、日本が主導権を握る展開が続きました。

その中でも、特に井手口選手、南野選手、植田選手の三人が印象に残りました。

間違ったことを書いていたらすいません。

井手口選手は、多くの場面で顔を出しいい守備をしていました。カンテやマケレレのように、運動量があり守備力も高い選手だと感じました。

南野選手は、ボールをもらいに下がってくる場面が多くその際にドリブルやパスでチャンスを何度も演出していました。また、守備にも献身的だったという印象です。 

植田選手は、身長やパワーはもちろん、現代の後ろからしっかりパスを出せる今流行りのCBです。ボアテングフンメルス選手のようなタイプだと思います。また、ピンチの際には前に出てしっかり潰すといった危険察知能力もしっかりしていると感じました。

本日は、この三人が特に印象に残りましたが、鎌田選手や、関根選手、室屋選手ももっと見たいてますね。
広告を非表示にする